サステナビリティ

私たちの取り組み

肌にも環境にも
優しいコスメは、
畑作りから始まる。

面向玄界滩的风光明媚的土地,福冈县“芦屋町”。在那里制作的是原创化妆品品牌“NEMOHAMO”。各种植物,包括在附近的satoyama种植和收获的Otaneninjin,以及获得有机JAS认证的公司农场,被用作NEMOHAMO的原料。在生产过程中,我们以不排放工业废物和废水的方式保护周围丰富的土壤,如何种植植物,生产者的思想,副产品的使用方法等,尽可能地从原材料到制造过程和销售的过程。我们保证可追溯性并确保产品的安全性。

相关:NEMOHAMO 品牌网站

フェアトレードの
その先へ。
カカオ豆の買い付けから
ハスクの活用まで。

オリジナルスイーツブランド「RAU」は、原材料の選定から、製造、販売までを一貫して自分たちで行う「Farm to Bar」を実践するブランド。無農薬のコスタリカ産カカオを、ショコラティエールが原地の生産者と直接会って厳選し、対等な関係を保つためフェアトレードによる取引を行っています。
また、カカオの豆かすである外皮(ハスク)は通常廃棄されますが、私たちはその栄養価の高さと風味に着目し、オリジナルフードブランド「SIZEN TO OZEN」によって、「カカオティー」や「カカオカレー」に仕立てています。自然の恵みをあますことなく、最後まで活用したいという試みです。

関連:RAUブランドサイト

京都の真ん中で
堆肥を作り、
食の循環に
チャレンジする。

「GOOD NATURE STATION」内「KITCHEN」のシグネチャーメニューである5GOODサラダ。フムスをイメージしたサラダソースには、近隣の豆腐屋で毎日廃棄されるおからが使われています。さらに余ったおからは農業生産者に譲り、堆肥として活用。そこで育てられた野菜は再びサラダとなり、食の循環が生まれています。避けられない食品廃棄物は、NPO法人の協力でGOOD NATURE STATION館内の生ごみ処理機にて堆肥化。減農薬農業を営む農家で肥料として活用し、スタッフも一緒に収穫したお米をGOOD NATURE STATIONにて販売しています。

関連:ジャーナル「ごみの山を宝の山に… 「食品ロス堆肥」の普及で、社会が潤う未来をつくる」

特別なことではなく、
日常的な取り組みに
したいから。
施設運営における
サスティナブルな取り組み。

「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」では、歯ブラシ、ヘアブラシ、髭剃りなど、使い捨てプラスチックを利用したアメニティは客室に置かず、お客様に持参していただく新しい宿泊スタイルを提案しています。その他にも、廃棄される間伐材から作った精油をオリジナルアロマに活用したり、1F GOOD NATURE MARKET内の「KITCHEN」ではバタフライカップと呼ばれる紙製のカップでテイクアウトドリンクを提供。ストローやナイフ、フォークにも自然に還る素材を使用するなど、全館で「使い捨てない」「環境への負荷を減らす」取り組みを実践しています。

世界が認めた
環境や健康への取り組み。

GOOD NATURE HOTEL KYOTOは、2020年8月、環境や健康に配慮した建物が認定される「WELL Building Standard TM(WELL認証)」をゴールドランクで獲得し、ホテルとしては世界初のWELL認証を取得しました。また、GOOD NATURE STATION全体においても、環境に配慮したグリーンビルディングを評価するプログラム「Leadership in Energy & Environmental Design(LEED 認証 )」をシルバーランクで獲得。複合型商業施設、ホテルとしては関西初となる取得に。WELL認証、LEED認証を合わせ持つホテルとしても世界初となりました。

関連:GOOD NATURE HOTEL KYOTO WELL認証について

Home > サステナビリティ 私たちの取り組み