日本有数の酒処「京都・伏見」の清酒をご紹介する『伏見酒蔵のある町』

山本本家

山本本家

江戸時代初期の延宝5(1677)年、伏見の現在の地に創業してから300年以上に渡って酒造りに携わってきた蔵元。伏見の名水「白菊水」を仕込み水とし、「日本酒は和食と調和する食中酒であるべき」という理念のもと、脈々と受け継がれてきた伝統の伎によって「神聖」や「鉄斎」などの銘酒を造り上げてきました。なかでも「松の翠」は表千家の茶懐石用酒として知られています。

Message/ 蔵元からのメッセージ

山本本家

京の食文化のひとつとして、和食をはじめとする食事に合う日本酒を造り続けてきました。日本酒が加わることにより、食事がいっそうおいしくなるまろやかな味わいが自慢です。食とのマリアージュを大切に、明日の食文化の一翼を担うという誇りをもってこれからも日本酒を見つめていく所存です。

company/ 会社概要