日本有数の酒処「京都・伏見」の清酒をご紹介する『伏見酒蔵のある町』

豊澤本店

豊澤本店

江戸時代末期の慶応年間、大阪で酒の卸し、小売りを営んだのが始まり。「飲んだ人が楽しく、幸せになる酒を自らの手で造りたい」との想いから明治期に名水の地・伏見に移り、酒造業を開始。主要銘柄の「豊祝」の名は、創業者が詠んだ「いね美のり 國も豊よ 祝い酒」の句に由来。伏見七ッ井のひとつ「白菊水」を使用し、京都の水のやさしさが伝わる酒造りを行っています。

Message/ 蔵元からのメッセージ

豊澤本店

古から伝わる技の本質を守りながらも創意工夫をもち、「楽しく、幸せな気持になれるおいしい酒」という初心を常に心に留めて酒造りをしています。仕込み水には、伏見七ッ井の「白菊水」を完全無処理の天然水のまま使用。すっきりした飲み心地に加え、しっかりとした端麗辛口な味わいが特徴です。

company/ 会社概要