日本有数の酒処「京都・伏見」の清酒をご紹介する『伏見酒蔵のある町』

玉乃光酒造

玉乃光酒造

延宝元(1673)年創業。アルコールや糖などを添加した酒が主流となっていた昭和39年、業界に先駆けて米100%の純米酒を復活させたことで脚光を浴びた酒蔵。本物の味を求める人々の厚い支持を集め、以来、米、水、麹、心意気の四本柱で伝統の酒造りに専心。純米吟醸酒に磨きをかけ、米100%の日本酒の良さを伝え続けています。

Message/ 蔵元からのメッセージ

玉乃光酒造

まじめに、まじめに、「去年よりも良い酒を」と340年。米の品種へのこだわりはもちろんのこと、田植えにも立ち会います。目指すのは「飽きのこない、食事を引き立てる定番の酒」。派手ではなく流行とも無縁ですが、「よい酒造りはよい酒米作りから」を信念に、これからも昔ながらの「良い酒」をお届けしていきます。

company/ 会社概要