日本有数の酒処「京都・伏見」の清酒をご紹介する『伏見酒蔵のある町』

招德酒造

招德酒造

招德酒造は、正保2(1645)年、洛中に酒造業を興したのが始まりです。かねてより「純米酒こそは清酒本来の姿」と考えいちはやく、昭和40年代より純米酒の製造販売に取り組む一方、純米酒の普及にも取り組み、純米酒にこだわった酒造りを続けています。穏やかな芳香と柔らかな味わい、米の旨さと自然な酸味が調和する招德の純米酒は京都の食文化と伝統に育まれ、燗でよし、冷でよしの美味しいお酒として多くのファンから愛されています。

Message/ 蔵元からのメッセージ

招德酒造

招德酒造の日本酒は米の旨味を秘めて、穏やかな香味が調和し、肌理細やかで柔らかな口当たりであり、京料理に代表される素材を生かした料理と味わいを高め合う理想の食中酒です。これからも京都の食文化と伝統に育まれながら純米酒の豊かな味わいを追求していきます。

company/ 会社概要