日本有数の酒処「京都・伏見」の清酒をご紹介する『伏見酒蔵のある町』

松本酒造

松本酒造

寛政3(1791)年、京都東山にて[澤屋]として創業、大正年間に名水を求めて伏見に酒造場を増設。平成10年、原材料処理装置を新たに整備し、原料米の好適米使用比率や平均精白度の値の精度を高めることで、安定生産に取り組んでいます。また、文化庁の「登録有形文化財」に指定された仕込み蔵やレンガの煙突、迎賓館である「万暁院」などの保存・活用により、京都伏見の伝統と風土を守り続けています。

Message/ 蔵元からのメッセージ

目先の利益にとらわれず、飲む人の印象に残る良い酒を造ることで、清酒の伝統を守り文化的価値の向上を目指します。なかでも高品質な純米酒の製造には研鑽を重ねてきました。変化していく時代のなかでも、酒造りに対する蔵元の姿勢は不変でありたいと思っています。

company/ 会社概要