日本有数の酒処「京都・伏見」の清酒をご紹介する『伏見酒蔵のある町』

増田德兵衛商店

延宝3(1675)年の創業。かつて京から西国へ向かう公卿の中宿も務めた伏見のなかでももっとも古い造り酒屋のひとつ。明治以降には「どぶろく」を復活させた最初の酒蔵としてにごり酒の元祖と評され、現在も造り続けています。近年は社長自らも田植えをして契約栽培の酒造好適米「祝」を育て、アルコール度数8%の新タイプの純米酒を発売するなど新しい試みを展開。海外での注目度も高い、進取の気性に富んだ蔵元です。

Message/ 蔵元からのメッセージ

増田徳兵衛商店

当蔵の代表的な銘酒である「月の桂」は、元祖「にごり酒」として武田泰淳や開高健など酒仙を標榜する文人墨客にも賛美された「文人の酒」です。当蔵はなによりも酒の「季節性」と「個性」を大切に考え、「酒は文化なり」を神髄に酒造りに奮励してまいります。

company/ 会社概要