日本有数の酒処「京都・伏見」の清酒をご紹介する『伏見酒蔵のある町』

北川本家

北川本家

江戸時代初期の明暦3(1657)年から、酒造り一筋360余年。長きに渡って技を伝承し、磨き上げ、豊かな水に恵まれた環境のなかで京の食文化とともに歩んできた老舗。全国新酒鑑評会では通算18回の金賞を受賞。主要銘柄「富翁」のほか、バラエティ豊富なリキュール、タンクからそのまま瓶詰めする量り売り原酒など、ユニークで新しい試みにも積極的に挑戦しています。

Message/ 蔵元からのメッセージ

北川本家

当蔵の杜氏、田島善史は京都市伝統産業「未来の匠」に認定されています。360年という長い歴史を次代に引き継いでいくことを使命に、これからも人とのつながりや誠実さものづくりなど、大切にすべきものを守りながら、変えるべきものは勇気をもって変えていきたいと思っています。

company/ 会社概要