日本有数の酒処「京都・伏見」の清酒をご紹介する『伏見酒蔵のある町』

キンシ正宗

キンシ正宗

天明元(1781)年、初代松屋久兵衛が堺町通二条にて創業。明治期に名水の地・伏見へ進出したのちも、「酒を通じて人々の暮らしのなかに豊かな心を育みたい」という初代の熱意を体現。昭和以降、鉄筋コンクリート造り冷房完備の四季醸造蔵の建造や、業界初の紙パック酒の商品化、創業地における地ビール製造などの先進的な取り組みを数多く行い、伝統と革新の両輪で酒造りの発展を支え続けています。

Message/ 蔵元からのメッセージ

キンシ正宗

キンシ正宗では、京の水のやわらかな特色を活かすための麹菌や酵母菌の営みを管理し、一年を通じて均一で高品質な酒を造り出しています。蔵人たちによる伝統の技と最新の発酵技術を融合させた、まろやかで豊潤な京仕込みの酒をお楽しみください

company/ 会社概要