日本有数の酒処「京都・伏見」の清酒をご紹介する『伏見酒蔵のある町』

平和酒造

平和酒造

前身は大阪の米問屋「河内屋」。延享元(1744)年に伏見の地で清酒の醸造販売を始め、明治の初頭には伏見でトップクラスの酒造数量を誇りました。第二次世界大戦前までは地主として年貢米を使用し銘酒「慶長」を醸造していましたが、その後の経済変動などで出荷が断絶。しかし、平成元年に伏見に古くからある酒造家5軒が集まって新しい酒蔵を建設、「慶長伏見の酒」として醸造を再開し、現在に至っています。

Message/ 蔵元からのメッセージ

平和酒造

清酒の最高峰である純米大吟醸「慶長伏見の酒」と純米吟醸酒「慶長小判」を柱に、一定の要件を満たす特定名称酒のみを出荷しています。宣伝費をかけないことで、消費者本位の低価格で高品質な日本酒づくりを目指し、受け継がれて来た酒造りの継承発展に取り組んでいます。

company/ 会社概要

  • 住所
    京都市伏見区東組町698

  • TEL
    075-601-0012

  • FAX
    075-602-0015